美味しいコーヒーに目覚めた理由

大手コーヒーショップでバリスタをやっていたナオです。

今は福岡の田舎に住んでいます。

子供の頃からコーヒー牛乳が大好きで、小学6年生の時、初めて我が家でコーヒーが解禁され、それ以来ずっと一番好きな飲み物はコーヒーな私です。

それまで禁止されていたのは、カフェインが多いため、子供の脳にダメージがいくという理由でした。私も弟も身体が大きかったので、中学に入る前にコーヒーを飲む事が許されたというわけです。私はもちろん弟もコーヒーが大好きで、特に弟はおいしく飲食を楽しむ事を趣味としているので、弟から教わった事を中心に私が知っている事をお伝えしようと思います。

コーヒーは酸化しやすい飲み物です。インスタントもそうですが、ドリップするためのコーヒーは特に酸化が早く、味に出やすいので、密封して冷蔵庫へ入れましょう。そこまでコーヒーを飲まない場合は、ワンドリップコーヒーを利用するのもありかと思います。

ドリップするためにセットしたコーヒーに少しだけお湯を入れて30~40秒ほど蒸らすとおいしく飲めるそうです。お湯は沸かしたてのものを細めの口から出せるやかんで回すように注いでいきます。コーヒーは計量カップでしっかり量を計ってくださいね。

ドリップし終わったコーヒーのかすは天日干しをすると消臭剤に使えるので、消臭ができなくなってから捨てる事をお勧めしたいです。カフェオレや甘いコーヒーも楽しいですが、やはりドリップコーヒーならブラックで楽しんでほしいです。苦くて苦手という人も多いと思いますが、そういう人にはモカやマンデリンなど、飲み口が甘く感じるものを試してみてください。ブラックをお勧めするのは本来のコーヒーの味を楽しめるというのもありますが、コーヒー自体がアルカリ性で身体にいいという事。

ミルクや砂糖を入れると酸性に変わってしまいます。せっかくおいしくて身体にいい飲み物なので、楽しいコーヒーライフを送りましょう。